【M6×-5L】流れを手放したライオンズ

正直、まさか勝つとは・・・
後半戦のカード勝ち越しは初めてですかね?
さらに4点差逆転など、いつ以来でしょうか?
ただ、プロ1号の小川選手やサヨナラ打の三木選手といった脇役たちの活躍でモノにした貴重なゲームになりました。

5回終了時で4点をリードしていたライオンズにしたらまさかの展開ですね。
7回途中まで松本投手は2失点のクォリティスタート。
自慢のはずの救援陣があっさりつかまるとは、優勝争いの真っただ中にいるチームとは思えない崩れ方でした。

ちょっとこじつけめいた事を書かせてもらえば、昨日も今日も辻監督の余計な?リクエストをきっかけにマリーンズが勢いづいた感じはするんですよね。
昨日は7回、福田選手のスーパーキャッチからタッチアップの一走を刺した場面。
確かに際どいタイミング、リクエストは当然だったと思います。
ただ、ベース付近に砂塵が舞ったこともあり決定的なセーフ映像は出てこず、判定は変わらずアウト。
良くなかったのはこの後、辻監督は大きく両手を広げて不満を露わにしながら、何事か叫んでいましたね。
退場にはなりませんでしたが、2点ビハインドを追いついたばかりだったライオンズが、この場面をきっかけに勢いがしぼんだように思えました。

そして今日、8回裏、1点差に詰め寄ったマリーンズの攻撃。
ベンチは無死一二塁から安田選手の打席に三木選手を代打に送ります。
誰が見てもバントの場面。
制球に優れているはずの水上投手、何と死球を与えて無死満塁。
ここでも辻監督、三木選手はバントをしにいっていて避けていないのではないか?とリクエストを入れます。
でもまぁ、そりゃ重要な局面でギリギリまでボールを見極めようとするケースですから、どうしても避けるのは遅れます。
「打者が避けているかどうかというより、はっきりぶつかるコースに投げた投手の側の問題なんじゅないの?」と思いながら見ていました。
結局1分もしないで審判団はすぐ出てきました。
判定はもちろん変わらずに死球です。当たり前ですね。

ああいうやらずもがなの動きというのは、監督の焦りをそのまま映しているようで、選手に与えてしまう悪影響は小さくない気がします。
パリーグ随一の采配上手の辻監督にもあんなことがあるんですね。

ともあれ、井上選手の犠飛で追いついたマリーンズ。
9回には高部選手の激走スリーベースから得た満塁のチャンスに、三木選手がしぶしく食らいついてショートの横に転がしてサヨナラを決めました。
ライオンズが勝手に流れを手放してくれた感もありますが、いつもは立場が逆のことが多いので?気分はいいですね(笑)

今季初登板で6~7回を無失点で切り抜けた岩下投手の好投もありましたし、なかなか見応えのあるゲームではありました。
明日からは相手はイーグルスに代わりますが、ホームに腰を落ち着けての週末になります。
この2戦、マリーンズ打線にこれまで感じられなかった1点を取りに行く執念がようやく出始めた感じもします。
もう優勝がどうとか順位がどうとか、一ファンとしてまったく期待はしていません???
ただただ、昨日今日のような、スピリッツを感じさせる粘り強い戦いを見せてほしいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

“【M6×-5L】流れを手放したライオンズ” への2件の返信

  1. なるほどのご指摘、知将辻の筆の誤りってとこですね。リクエスト2件は辻さんからしてみたらダメ元だったかも知れませんが、かえって流れをぶち切った動きになりライオンズの自滅にも見えます。
    こちらの?将井口が(やりそうで)やらなくて良かったです。まだシーズン首の皮残った試合でした、三木もポップフライでなく三振でなく前に転がせましたし。

  2. ロッテ墓さま、
    ライオンズから貰った??勢いは今日も続いてめでたく3連勝。
    諦めたと言いつつ(笑)私も一縷の望みを持ちながら今後のゲームを見守りたいと思います。
    コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。