【M3-4Bu】ロメロの代え時は・・・?

山本投手から3点取ったとはいえ、負けちゃあね・・・
こちらの先発のロメロ投手、前回は先頭打者に内野安打を打たれると、もうイライラしてヒドい内容でしたが、今日は努めて冷静にしようとしているようでしたね。
ボールは低めに集まり、いい内容だったんですけどね。

ただ6回、一死二三塁のピンチを作られると、井口監督、東條投手にスイッチ。
これにはロメロ投手、顔を真っ赤にして何か叫んでました。
1点ビハインドで相手は山本ですから、わからなくはありませんが、ロメロ投手の気持ちも理解できます。
ピンチを作られただけで、点は取られていないのに何なんだ?ってとこですかね。

代わった東條投手、いきなり安達選手に2点タイムリーいかれて、さらにダブルスチールを決められて0-4、さすがに苦しくなりました。
その後、7回に井上選手のタイムリーなどで3点返したのは立派?でしたが、やっぱり6回の失点がゲームを決めたんでしょうね。

まぁ、井口監督の焦りが出ちゃったんでしょうね。
東條投手にしても、かなり唐突な感じでの交代だったのではないでしょうか?
もちろんロメロ続投なら、あの回を無失点で切り抜けて試合も勝っていたなどと言うつもりはありません。
ただ、大事なゲームではあるけれど、腹をくくって任せる度量も監督には必要ではないかと?
ロメロ投手、5回までの内容はストレートは低めに集まり、変化球も際どい所に決まる、なかなかのものでしたからねぇ・・・

まだ20試合以上残っていますから、来年の話をするのは早すぎるかもしれませんが、来シーズンのマリーンズ、かなり期待できると思います。
待望の和製スラッガーが二門、それも右と左で何とかなりそうになってきましたからね。
言わずと知れた山口選手と安田選手です。
山口選手は、今日も7回、追撃の三塁線タイムリーを放っていました。

ただ、できたら監督は代わってほしい。
これから勝ちまくってAクラスに入ったら井口監督、留任かなぁ?
などと思うと、勝ってほしいけどホドホドに・・・なんて思っちゃいますね(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。