【第67回全日本大学野球選手権決勝】国際武道大VS東北福祉大

神宮球場、東京ドームで行われていた大学野球選手権も本日が最終日です。
千葉大学野球連盟代表の国際武道大学は、2年連続で決勝戦に駒を進め、東北福祉大学と対戦しました。

東北福祉大優勝の瞬間


結果はご覧の通りで、武道大は残念ながら悲願の初優勝ならず、2年連続の準優勝に終わってしまいました。
相手の東北福祉大は、「大魔神」佐々木主浩さんやタイガースの金本監督の出身校としても知られる地方大学の雄とも言うべき存在で、今日も試合運びの上手さが光りました。
2回にリードを奪った後は、小刻みにタイプの違う投手を登板させ、武道大打線を翻弄した感じでしたね。(打撃成績、投手成績詳細は全日本大学野球連盟公式HPをご覧ください)

しかし、2年連続で決勝に進出しただけでも快挙であり、全国に千葉の大学野球のレベルの高さを知らしめたものと思います。今日の試合も力負けというより、大舞台の経験の差が大きかったのではないでしょうか?
岩井監督以下、武道大ナインには気を取り直して秋の神宮大会の優勝にチャレンジしていただきたく期待しております。

武道大ナインの試合後の挨拶

また、今日出場した選手の中には市立船橋出身の選手が3名、銚子商業出身の選手が2名おりました。市船も銚商も甲子園にはとんとご無沙汰ですが、地元の大学に進んで全国大会で活躍している選手がいるのは嬉しいですね。特に2番手で登板した林投手(銚子商業)は3~5回を無失点に抑える好投を見せていました。

好投した林投手

そして大学野球観戦の楽しみといえば両校の応援合戦ですが、武道大は武道というだけあり、華やかな福祉大とは異なり、ブラスバンドやチアガールの動員もなく質実剛健というか、硬派な応援ぶりでした。以下両校の応援風景画像3枚です。

同点打に沸く武道大応援席
野球部がんばれ!!(武道大柔道部員?)
福祉大応援風景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。