【高校野球秋季関東大会2018】優勝は桐蔭学園

秋の関東大会は今日が最終日、決勝戦では、昨日の準決勝で習志野を下した桐蔭学園(神奈川)が春日部共栄(埼玉)を破り優勝、神宮大会への出場を決めました。

今年の習志野は守備力には定評のあるチームですが、昨日は珍しく失策絡みで先制を許し、8回に2点差まで追い上げるもあと一歩及ばなかったようです。
優勝まで至らなかったのは残念ですが、高校チームは一冬で大きく変わると言いますから、来春を見据えてこれから大事な時期ですね。

地道な努力を重ねて、来春に大きな花を咲かせること、期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。