【神宮大会関東地区予選】千葉県勢は全滅

野球シーズンの掉尾を飾る明治神宮野球大会、その関東地区の予選大会である横浜市長杯争奪戦が昨日より横浜スタジアムで行われています。

千葉大学野球リーグからは、今秋季優勝の国際武道大と2位の東京情報大が出場しました。
関東5連盟の代表10校によるトーナメント戦ですが、神宮大会に進出できるのは僅か2校、なかなか狭き門の大会ですね。

そして、結果は残念ながら、武道大、情報大とも初戦敗退、神宮大会の出場権を得ることは出来ませんでした。

特に武道大は春の大学野球選手権では、全国準優勝だっただけに、無念さもひとしおですね。

そして、本日で今年の県内チームの公式戦はプロから高校まで全て終了です。
まぁ、今年は前述の武道大の春の健闘と、木更津総合の夏の甲子園2勝が目立つ程度で、県球界としては、やや消化不良というところでしょうか?

特にマリーンズは後半ひどい戦いぶりでしたし、社会人チームも君津市の新日鉄住金かずさマジックが都市対抗第3代表に滑り込んだぐらいで、JFE東日本ともども秋の日本選手権への出場はなりませんでしたから・・・

今、TVでは日本シリーズやってます。5点差をつけられたカープが満塁アーチで1点差に追い上げ、ヤフオクドームは凄い盛り上がりですね。
羨ましい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。