【F3-0M】理解に苦しむ選手起用

今日のスタメンを聞いた瞬間、全マリーンズファンはガックリきたのではないでしょうか?
一番打者は昨日マルチヒットの荻野選手ではなく、14打数ノーヒットの岡選手、井口監督、何考えてるんでしょうね???

今日も予定どうり?初回に簡単に相手に1アウトをプレゼントして、その後も出塁はありませんでした。
岡選手にというより、井口監督に怒り心頭のファンは多いと思います。

ファイターズとマリーンズのスタメンを比較すれば、最も力量差があるのがトップバッター、最も多く打席が回ってくる打順に最大の力量差を作ってしまってどうするのでしょう???

今日のボルシンガー投手を含めて、一昨日の岩下、昨日の二木と先発組はまずまず好投し、先発連続崩壊に歯止めがかかりつつあるだけに、打線が援護しないと・・・なのですが・・・

まぁ、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、という話の展開になってしまいますが、井口監督、いつまで6番を着けているつもりなのでしょう?
オリオンズ~マリーンズ史のなかで、6番は落合博満さんや初芝清さんといったチームの屋台骨を背負ったスラッガーの番号でした。
もちろん選手時代の井口監督もその一人ですが、ベンチにいる監督が着ける番号ではありません。早く有望な若手選手に譲ってほしいと思います。

まったく、選手より監督が目立とうとするチームはロクなものではありません。

この際、習志野の小林監督に代わってもらったほうが良いのでは・・・ぐらいに思いますね(笑)

ファイターズとの最大の力量差は監督ということでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。