【F3-1M】早くも泥沼モード?

6回までリードしていたといっても、最初からあまり勝てそうな雰囲気がなかったですね。
先発の石川投手、おそらくまだ腰痛が完全に癒えてはいないのでしょう。
立ち投げというか、キャッチボールっぽい投げ方でした。

それでも5回無失点、先発としての役割は果たしたわけですから、流石といえば言えるかもしれません?

ただ、どうにも選手達が自信なさげというか、必ず逆転されるに違いないと思いながらプレーしているように見えますね。

問題の7回、簡単に二死をとった松永投手ですが、ヒットが2本続いただけでオタオタして大暴投。そしてキャッチャーの田村は三盗阻止を焦って悪送球。
追いつかれたといってもまだ同点、勝負はこれからだったわけですから、慌てることなどなかったのに・・・

まぁ、選手達は肌感覚で「追いつかれたらもう終わり」とわかっていたのかな?

開幕して2週間、早くも泥沼モード突入ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。