【M5-6YB】交流戦3カード連続負け越し

土壇場でようやく打線がつながって一点差まで迫りましたが、全体通してはやっぱりストレスのたまるゲームでした。
特に8回表、二死二三塁の場面、平凡とは言わないまでも力ない二塁ベース寄りの打球。
中村奨吾、逆シングルで捕るか正面に回り込むか迷ったあげく、ボールを後ろにそらしてしまいました。

試合の流れの中では、決定的な二点になってしまいましたね。
彼は決して下手なセカンドではありませんが、あのあたりの集中力、決断力のなさがイマイチ一流選手になりきれない要因のように思います。

もちろん先発の岩下投手は相変わらず制球難でしたし、8回の酒居はいきなり連打でピンチを作り、9回の唐川もビリッとせずに追加点を与えていましたから、敗戦の原因が中村一人にあるというわけではありませんが・・・

ただ、昔V9巨人の川上監督が重要視していた「球際の強さ」にはいかにも欠けていると言わざるを得ません。

これで、得意なはずの?交流戦は3カード連続の負け越しが決定です。

先発投手は不安定、救援陣も勝ちパターンの投手達が打ち込まれ、打線は一発頼みで繋がり悪く、チーム状態としては最悪になってきましたが、誰か流れを変えてくれる選手が出てこないですかね?

そろそろ期待の大器、安田選手の上げ時か?なんてことも思うのですが、サードのレアード、ファーストの大地、DHの井上とも不調というわけでもありませんから、難しいところですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。