【M9-7E】しっちゃかめっちゃかのゲームでしたが

よく勝ちましたね。
1点ビハインドの8回、ライトのポジションを争う清田とマーティンがともに活躍しました。
清田同点タイムリー、マーティン決勝2ラン。
やっばりチームには競争が必要です。

しかしまぁ、5回のイーグルスの3点はマーティンのエラーからでしたし、昨日のヒーロー、イーグルスのウィラーは何と3エラー、それもことごとく得点に結びつくという、何とも大混乱のゲームでしたね。
先発はマリーンズ佐々木、イーグルス菅原でしたが、そんなの忘れちゃうぐらいの色々ありすぎるゲームでした(笑)

ただ、一つ言えるのは、今日の勝利の影の殊勲者は三木選手だったということ。
5回のセカンドフライ(深い当たりではありましたが)からの隙を見てのタッチアップのホームイン。見事でした!!
CS解説の立川氏は、「この1点が終わってみれば効いているかもしれない」と言っていましたが、その通りになりました。

6回にも3得点につながるヒットがありましたし、彼らしい渋い活躍を続けていますね。

今日は細かいプレーのほんのちょっとした差でモノにできたゲームだったと思います。

明日は久々のカード勝ち越しがかかりますが、とにかく細かいプレーを大事にして勝ちをもぎとってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。