【M4×-3E】ヒット数5対12で勝った

3-3の同点で迎えた9回裏、無死満塁から代打清田選手、右中間を破る見事なサヨナラ打で二日続けてのヒーローになりました。
チームとしても久々のカード勝ち越し、再び5割が射程圏内に入ってきました。

いろいろポイントのあるゲームだと思いますが、何だかんだで先発の種市投手、毎回二人ずつランナーを出しながら5回2失点、よく踏ん張りましたね。
東北人らしい粘り強さを発揮しました。

また5回までは種市を、6回以降は救援陣をリードした柿沼捕手の出来も良かったと思います。
解説のGG佐藤氏は彼について「打者がタイミングがあってないと見るや、同じ球種を続けてくる」と評していましたが、今日はそれが上手く嵌った感じでした。
特に同点の7回、二死二塁でウィラー選手を迎えた場面、東条投手に徹底して外角のスライダーばかり投げさせ、しびれを切らしたウィラーが大きく外れるボール球に飛びつくように振りにいって三振。
結果論と言われればそれまでですが、見事なリードぶりでした。

そして9回、佐藤氏も劇ホメしていましたが、無死一塁からの代走岡選手の初球スチール。
リクエストになった際どいタイミングでしたが、素晴らしい勇気でしたね。
試合を決めたスチールといっても過言ではなかったと思います。
清田といい岡といい、マーティンの加入ではじきだされた格好になっていますが、意地を見せていますね。今のところは競争が良い方向に作用しているようです。

今日はクリーンアップに当たりが出ず、清田、柿沼、岡ら脇役組の活躍でモノにできた一戦でしたが、次カードの対バファローズ3連戦。
ホームゲームだけに、クリーンアップの奮起と先発陣の踏ん張りで何とか3タテして5割復帰、お願いしたいですね。

まだまだ上位は手の届くところにあります。むしろ勝負はここから。
今日のような粘り強いゲームを続けて拾える勝ちは全て拾っていってほしい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。