【E1-8M】マーティン効果?

大量点の翌日の打線は湿りがちとはよく言われることですが、今日は2日連続で打線が繋がり、投打が噛み合い、いい形でカード勝ち越しを決めました。

しかし一人の選手の加入が、これほど波及効果を及ぼすとは・・・
もちろんマーティン選手のことです。
彼自身の活躍ももちろん素晴らしいのですが、外野の定位置が危うくなった角中選手と清田選手が目の色を変えていますね。

角中は2打数1安打でしたが、効果的な犠飛と押し出しの四球を選び、DHに入った清田はヒットこそありませんでしたが、犠飛を含む2本の外野フライは火の出るような当たりでした。

また、清田がDHに入ったことで、井上ファースト・大地セカンド・レアードサードの布陣となり、中村奨吾は押し出されるようにスタメン落ちです。

井上には先制アーチがありましたし、ショートの三木も2号2ラン。
マーティンの加入に端を発した競争の激化が、今は良い方向にいっていますね。

これでまたまた5割まであと1勝に迫りました。
とにかく5割で満足せずに、大型連勝で一気に上位進出!!
今のチーム力なら充分行けると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。