【夏の甲子園2019】習志野ナイン、おつかれさまでした。

習志野高校、負けちゃいましたね。
今日は先発の山内投手が序盤で捉まってしまって、ゲームプランをすっかり崩されてしまいました。

随所に習志野らしい粘り強い攻撃も見られましたが、結局は一度も主導権を握ることができずに5-9で完敗です。

相手の鶴岡東高校。私は校名から県立高校だと思っていたのですが、ベンチメンバーの大半を山形県外の出身者が占める私立高校だそうです。
また、既に6回も夏の甲子園に出場しているということも知りませんでした。
どうりで(といっては山形の方に失礼かもしれませんが・・・)攻撃が洗練されていて、長打力もあるわけですね。
二人の左腕投手もコーナーワークに優れ、なかなかまとまっている好投手だったと思います。
前評判以上の強さも頷けます。
今大会、意外な(またまた失礼)旋風を巻き起こすチームかもしれません。

次戦は関東一高との対戦ですが、好勝負になるのではないでしょうか?
頑張ってほしいですね。

そして無念の敗退となった習志野ナイン。
千葉県民の一人としてとても残念ですが、ナインや応援団の諸君には、心からおつかれさまと言いたいと思います。
新チーム結成以来、昨秋関東大会の桐生第一戦の延長タイブレーク勝利を皮切りに、センバツ準々決勝の市和歌山戦、準決勝の明豊戦、夏の県大会準決勝の木更津総合戦、そして夏の甲子園初戦の沖縄尚学戦。
接戦をことごとくモノにして、心震わせる戦いを何度も見せてくれました。
1点を取りにいく執念は本当に凄かった。

センバツ星稜戦ではサイン盗み疑惑を取沙汰され、「美爆音」応援は近隣の方の苦情もあったとか・・・
心無い中傷も多かったのではないでしょうか?
ただ、ナインからもブラスバンドをはじめとした応援団員からも、どこの高校にも負けない必死さ、一生懸命さが伝わってきていたと思います。

OBの福浦和也選手の応援歌と同じく「千葉の誇りを胸に」精一杯の戦いを繰り広げた彼らに心からの拍手を送ります。

エースの飯塚君をはじめ、今後のステージでも野球を続ける選手も多いと思いますが、この一年の経験は、生涯忘れることのない、かけがえのないものであったのではないでしょうか?
本当におつかれさまでした。今後の人生における皆さんのご健闘をお祈りしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です