【Bu11-8M】最高のスタートのはずが・・・

初回から角中の3ラン、中村のソロで4点先制のマリーンズ。
これ以上ない出だしで始まったゲームでしたが、終わってみれば乱打戦を制しきれずに痛い1敗となってしまいました。
せっかくイーグルスが負けてくれたのに・・・

それにしても先発のボルシンガー投手、今年は全体的に不調ですが、今日はとりわけびかったですね。
当たり損ねの打球がヒットになってしまう運の無さもありましたが、打者を追い込んでもファウルで粘られ、辛抱できずに甘いコースに投げてしまう繰り返しでした。
何より、見ていてイライラするようなリズムの悪さでした。
おそらくシーズン最後の登板だったのでしょうが、この体たらくでは、来季の契約は厳しいかもしれませんね。

初回だけで47球も投げさせられて、あっさり4点リードを吐き出してしまいましたから、初回終了での降板も致し方ないでしょう。

ただ、2番手の大谷投手も緊急登板だったとはいえ、内容が悪かったですね。
レフト加藤のスーパーキャッチで救われながら、四球2つを含む満塁から、いとも簡単に犠牲フライとタイムリーを浴びていました。
全盛期のボールの勢いがないから、際どいコースばかり狙ってカウントを苦しくしていました。
かつては勝ちパターンのセットアッパーでしたが、今日の投球を見る限り、復活は難しそうに思えます。

そして、今日もレアードを外してきた打線ですが、中盤の2点ビハインドのときに、何度かあったチャンスをことごとく潰していたのが響きました。
特に大地選手がブレーキになっていましたね。
今年はポジションを転々としながら、頭が下がるような活躍を続けてきた彼ですが、やっぱり疲れですかね?
一時は3割1分あった打率も急降下で、今は2割8分台。
本当は荻野選手のように、一度登録抹消して休ませた方が良かったのかもしれませんが、もうシーズンは残り4試合。
この期に及んで抹消はあり得ませんから、最後のひと踏ん張りを期待するしかありません。

先週は3つあった貯金も、あっという間に使い果たし、現在借金1の4位。
ただ、それでも3位イーグルスとはまだ0.5ゲーム差。ある意味ラッキーな展開と言えるかもしれません??

もう、CSがどうとかではなく、目の前の1試合を取りにいくしかありません。
まず明日、相手先発は今季苦手にしている山岡投手ですが、得意とか苦手とか言っている場合でもないので、足でも何でも使って、どんな形でも相手より1点多く取る粘り強い攻撃を見せてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。