【M5-8L】フローレス投手

カード勝ち越しを賭けた一戦。
先発は初登板のフローレス投手。
初回は三者凡退で上々のたちあがりでしたが、2、3回につかまって3回6失点で敗戦投手。
ホロ苦のNPBデビューとなってしまいました。

経歴を見ると米独立リーグ⇒メキシコリーグ⇒2A⇒BCリーグ富山を渡り歩き、育成契約でマリーンズに入団。今季支配下を勝ちとった、なかなかの苦労人のようです。
ストレートの球速は145K前後ですが、担ぎ投げと言うのでしょうか?早めに右腕を上げて、腕を上げた状態で一瞬静止するような動作の後、投げ下ろしてくる少し変わったフォームですね。

ただ、解説のジョニー氏も褒めてましたが、ほとんどのボールは低めに集まっており、コントロールもまとまっているようです。
今日はストレート中心の配球になりすぎたのかな?
スコアほど内容は悪くなかったように思います。

苦労人だからということではありませんが、あと1,2回は先発のチャンスを与えてあげてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。