【E0-2M】涌井に土

小島投手、頑張りましたね。
7回無失点で今季4勝目。8連勝中だった涌井投手を向こうに回し、緩急自在の素晴らしい内容でした。
初回こそ、一死一三塁のピンチを作りましたが、主砲の浅村・しぶとい島内を上手く攻めて凌ぎきり、その後はピンチらしいピンチもありませんでした。
久々先発マスクの柿沼捕手の好リードも光りました。

互いに選手が入れ替わり、何やら因縁対決の様相を呈してきたイーグルス-マリーンズ戦ですが、これまでは相手の元鷗組にやられっぱなしの印象でした。
今日は、涌井投手を攻略とまではいきませんが、初黒星を付け、少しは留飲を下げたといったところでしょうか?
昨日粘りの投球で5勝目の美馬、昨日今日気迫溢れる投球ぶりでつけ入る隙を与えなかったセットアッパーのハーマン。
ようやくこちらの元鷲組の逆襲が始まりましたね。

対戦成績も6勝8敗、大分イーブンに近づいてきました。
ただ明日、今日と同じような展開になったらどうするのかな?
今シーズンは吉井コーチの方針でしょうか?救援投手を3連投させていませんが、既にハーマン・益田を今日のゲームで連投させてしまっています。

ここのところ、当たりが止まっているマーティン、安田の奮起で大量リードが出来れば問題ないのですが、明日の相手先発は松井裕樹。もちろん簡単な相手ではありません。

唐川をクローザーにして、7・8回を東條、永井、東妻らで凌ぐゲームプランでしょうか?
それ以前に、こちらの先発岩下に少なくとも6回は持ちこたえてもらわなくてはなりません。

難しいゲームにはなりますが、因縁の相手に敵地3タテできれば痛快ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。