【M3-5F】連勝ストップ

まぁ、仕方ないですかね?
マリーンズ、連勝は6でストップです。
先発の岩下投手、力のあるストレートが低め中心に決まっていて出来としては良い部類のように見えました。
ただ、初回の落ち着かないうちに一二番にエンドランを決められ、いきなり無死一三塁。
近藤選手の犠牲フライと中田選手の2ランで3点いかれました。いかにももったいなかった(中田選手、通算250号おめでとうございます)

結局5回と7回にも追加点を許し、一度も追いつけないままでしたが、打線も何度もあったチャンスに決めきれなかったですね。
得点は相手エラーの2点と押し出しの1点のみ。
井口監督は、ここ数日「打線の奮起に期待」とコメントしていましたが、今日も消化不良に終わってしまいました。

特に7回、2点ビハインドから宮西投手を攻めたて、無死満塁の場面。
下位打線の左打者たち(佐藤・藤岡)が食らいついて出塁していただけに、安田の押し出しの1点止まりだったのは残念でした。
清田・中村といった右打者は為すすべなく凡退という感じでしたね。

まぁ、連勝はいつか止まるものですから、それは仕方がありません。
内容的にあまり良くないゲームでしたが、それでも最終回にも一死一二塁、一打同点のチャンスを作り、粘りを見せていたのが救いです。

明日からは今季超お得意様のバファローズ戦。しかもホームですから、連勝再開のスタートとしたいところです。
ただ、相手先発はエース山岡。
そう簡単に点をくれる投手ではありません。
明日こそ「打線の奮起に期待」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。