【M4×-3E】大きな大きな1勝

もしマリーンズが優勝したら、大きなポイントとなった一戦として取り上げられるに違いないゲームになりました。
初回から大地に先制アーチいかれて、今季のイーグルス戦を象徴するような嫌なスタートでしたが、よく粘りましたね。
3点ビハインドから6~9回に1点ずつ取ってサヨナラ!!
今日ホークスは先に勝っていただけに「首の皮一枚」は少し大げさかもしれませんが(笑)、それでも首位戦線に踏みとどまる、このうえなく大きな1勝です。

サヨナラ打の井上選手、ここ数試合まったくいいところがなかっただけに苦しかったのでしょう?
感極まった涙が印象的でした。
相手クローザーのブセニッツの少し落ちる系のボールだと思いますが、狙いすまして右中間の真ん中を破る見事な一撃でしたね。
彼、7回には二死三塁のピンチで一二塁間のゴロに飛びついて追加点を阻止するファインプレーもありましたし、攻守ともに大ヒーローでした。

ただ、井上だけでなくやはり不振が続いていた中村奨吾にも、1点差に迫る追撃アーチが出たりして、打線の先行きに明るさを感じさせる内容だったのは嬉しい限りです。

まぁ、さすがホークス。今日はバファローズのエース山本から3回にあげた虎の子の1点を、細かい投手リレーで守り抜き、最終的には2-0で勝ったとのこと。
ゲーム差2は縮まりませんでしたが、マリーンズとしては必死についていくしかありません。

明日は新加入のチェン・ウェイン投手の先発試合。
相手は涌井投手だけに、楽な展開になるはずもありませんが、今日と同じく、守備で盛り立てて無駄な点をやらずに、何とかロースコアゲームをモノにして、3位のイーグルスに引導を渡してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。