【H2-0M】こんなゲームばっか

ライオンズに3タテ食らったあたりから、同じようなゲームばかり見せられている気がします。
今日もまた、先発のチェン・ウェイン投手が好投するも、打線は千賀にいいように捻られ為すすべなく完封負け。

たまにランナーは出すのですが、当たり前のように逸機の連続。
相手はパリーグを代表するエース。そう簡単にタイムリーが出ないのはわかりますが、攻撃自体、工夫がなさすぎますね。
例えば1点ビハインドの6回、相手ショートのエラーで無死から清田が出塁しますが、次打者の菅野は普通に送りバント。
その次の田村と鳥谷にタイムリーを期待するというのは甘すぎないですかね。
清田の代走で和田、イチかバチかで二盗させて、その後菅野のバントで一死三塁。田村の打席でスクイズでもなんでもやって1点をもぎ取るという発想はなかったのかな?
結局予想どおり田村・鳥谷は凡退。
その後、8回には一死一三塁のチャンスを作りますが、ここで一塁代走に出た和田が牽制タッチアウト。
チグハグなこと、この上ありません。

今の打線の状態では、千賀クラスのエースを普通の攻めで攻略しようというのは無理があるように思います。
マーティンの離脱、井上の絶不調で一発を期待できる打者もいませんしねぇ・・・

そしてライオンズは今日も勝っていよいよ差は1ゲーム。
ホークスといいライオンズといい、勝ち慣れしてるチームは、ペナントレースのここぞという時期の爆発力が凄いですね。

井口監督得意の「明日から切り替えて・・・」談話は今日も語られていたのでしょうか(笑)・・?

私自身は、もうCS進出もほとんど諦めていますが、それでも一縷の望みを託しながら、明日の試合も見てしまうんでしょうね。

野球ファンの悲しい性です・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。