【YB7-11M】大嶺投手、復活勝利おめでとう!!

序盤から打ち合いになったゲーム。
勝敗を分けたのは2番手投手の差になりました。
5-5の同点で迎えた5回、マリーンズはベイスターズ2番手の国吉投手からレアードのタイムリーと藤岡の内野ゴロで2点。
その裏、3回KOの先発鈴木投手に代わって4回から登板、回跨ぎの大嶺祐太投手、打球をふくらはぎに当てて、ランナーを二人出しながらも踏ん張りました。
山下選手をセカンドゴロに打ち取り、リードを守ってマウンドを降りる姿に涙が出ました。

大嶺投手、4年ぶりの勝ち星ゲットです!!
本当におめでとう。
田中マークンや斎藤ハンカチと同期、沖縄八重山商工のエースとして甲子園を沸かせて、離島の星として鳴り物入りで入団してもう16年・・・
決して期待通りの活躍が出来たわけではなく、弟(大嶺翔太)は不祥事で退団。
自身は入団時の背番号1は清田に取られ、その次の11は佐々木千隼に取られ、育成契約になりながらも、ファームで実績を残して背番号64で支配下に復活・・・

紆余曲折を経ながらも、プロの投手としてしぶとく生き抜いてきました。
今年の投球ぶりは、ヒゲ面から目を蘭々と輝かせ、凄みのある風貌から気迫が溢れ、そして全盛期を思わせる威力あるストレートを軸に迫力満点です。

今日2アーチでヒロインに呼ばれた佐藤捕手「本当だったらここに呼ばれているのは大嶺さん」と言っていましたが、ホント、ゲームの流れを呼び込むナイスピッチでした。

ただ、心配なのは先発して3回5失点の鈴木投手。
少し疲れが出てきてますかねぇ?
以前は150K超えだったストレートは、143K前後・・・
全力投球型の新人投手ですから、今までの緊張がほどけつつ、体力的にも落ちてきたかもしれません。
1回、登録を外してファームで調整もいいかもしれませんね?

代わりは、今日も終盤に登板して目が覚めるような投球をした横山君はどうでしょう?
今は一日おきに登板していますが、私が危惧するのが救援連投での使い潰し。
過去、若手の生きのいい投手が何人も使い潰されるのを見てきました。

横山君には、地元専大松戸出身ということもあり大きく育ってほしいと思ってます。
一度、先発の機会を与えてあげてほしい、井口監督・吉井コーチ、お願いします!!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。