【F3-8M】久々のビッグイニング

静岡シリーズの2戦目。
マリーンズ、久々に投打が噛み合い連勝。5割復帰を果たしました。
ファイターズは昨日に続いて守備の乱れが失点に結びついてしまいましたね。
3回表、渡辺選手のセカンドゴロエラーにはじまり、マーティン選手のあわや場外かという大きなスリーランなどで一挙6点、頑張っている投手陣を見殺しにすることの多かった打線でしたが、今日は早い回の大量援護で先発の小島投手を助けました。

その小島投手、序盤からボールが高目に浮きがちで、あまり好調そうにも見えませんでしたが、中田選手を欠いた相手打線の元気のなさに救われました。
特にこれまで何度もやられてきた西川選手、どうしたのでしょう?
左腕投手を苦手にしているわけでもないはずですが、スイングに迫力を感じません。
今の打率は0.235。俊足好打でツボにくれは一発もある、日本球界を代表するトップバッターのはずですが、相手選手ながら少し心配ですね。

マリーンズサイドでは、この2戦、藤岡選手の守備力の高さが光っていた気がします。
内野が土のグラウントで、難しいバウンドのショートゴロが多かったと思いますが、全て無難に捌いていました。
今日は、8回のゲッツープレーで送球を受けるタイミングがあわずに、ベースを踏まずに一塁へ転送してしまうやらかしもありましたが、全体的には安定した守りぶりでしたし、2戦連続のマルチヒットも含め、連勝の影の功労者だったと思います。
内野の守備力の差が明暗を分けた大きな要因となった静岡シリーズでした。

そんな中ですが、ファイターズではセンターの万波選手の孤軍奮闘ぶりが目を引きました。
失礼ながら、名前を知らない選手だったのですが、俊足強肩でスイングも速いですね。
あの風貌は、お父さんかお母さんのどちらかが黒人なのかな?
まだ3年目だそうですが、とにかくプレーが溌剌としていて、野球をやるのが楽しくて仕方がないといった風情の笑顔が魅力的な選手です。
マリーンズとしては今後要警戒ですね。

この2戦、どちらかと言えばファイターズの自滅に助けられた感は強いのですが、連勝は連勝。順位も一つ上がって4位になりました。
オリンピックブレイクまで残り2週間。
首位まで3.5差、慌てて追いつこうとはしなくて良いと思いますが、投手陣は先発・救援とも好調なので、とにかく接戦を拾って、1つでも貯金を増やしておいてほしいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。