【H4-0M】淡々と負けちゃった

一昨日の長崎のゲームを競り勝って、今季初めて福岡に乗り込んだマリーンズ。
なかなか勢いに乗り切れませんねぇ。
結果的には初回の攻防が明暗を分け、4-0の完敗です。
二木投手、初回こそバタついて四球や(佐藤捕手の)パスボールなどで2失点しましたが、2回からは彼らしいノラリクラリの投球術で6回まで無失点、しっかりとゲームを作っていただけに気の毒でしたね。

一方のマリーンズ打線、こちらも初回に一死三塁のチャンスをつかみますが、クリーンアップに一本が出ず無得点。
相手は千賀投手、その後はそうそうチャンスがあるはずもなく7回無失点に抑えられます。
結局8回裏にゲレーロ投手が制球難からダメ押しの2点を追加され、そのままゲームセット。
打線が淡泊な攻撃を繰り返し、好投の先発投手を援護できない、今季のマリーンズの典型的な負けスタイルでしたね・・・

もちろん千賀投手ですから、そうそう簡単に攻略できるはずもないのですが、やっぱりレアード・マーティン頼みで、二人が打てないと打線全体がシュンとしてしまうのは相変わらずですね。
今日はスタメンに名を揃えた藤原・山口・安田の若手トリオも3人ともノーヒット。
山口選手は長崎での試合で、素晴らしい当たりの左中間ツーベースがあったのですが、まだまた好調が続かないですね。
芯に当たったときは凄い打球が飛ぶのですが、それがたまたまでしかないというか、まだまだ闇雲にフルスイングしている域を出ていない感じに思えます。
まぁ、まだそういう時期なのかもしれませんが、そろそろ一皮むけてほしいというか、むけてもらわないと困る選手ですね。
何度も書いていますが、この伸び悩みトリオ?の誰か一人でも一気にブレークしてクリーンアップに定着してもらわないと、安定的に強いチームになっていきません。
いつの間にか、投手陣はリーグトップの層の厚さになっているだけに、打線の奮起が待たれます。

今日は負けましたが、ホークス打線も日本一を続けていた一昨年までに比べると布陣が小粒化して迫力は半分ぐらい?
このまま独走できるとは思えません。
レアード、マーティンの他に、20本程度ホームランを打てる日本人選手がスタメンに入ってくれば、いよいよマリーンズのリーグ優勝が現実味を帯びてきます。
それが山口なのか?安田なのか?あるいは藤原か?
3人ともまだまだ迷走中ですが、ファンとしては期待を持って見守ることしかできないのが辛いところですね・・・(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。