【M4-8H】浮上の気配見当たらず

昨日の石川に続いて、今日のロメロも序盤で炎上。
今のホークスに、4回までに6点も取られれば、さすがに勝ち目はないですね・・・
何しろ制球が不安定すぎました。
CS解説のGG氏「左打者のインサイドが突けていない」とご指摘でしたが、初回いきなり先頭の三森選手の背中に当ててしまったのが尾を引いたのですかね?

恐る恐る外角に変化球を投げ込んで、打ちそこないを期待するような投球でした。
ホークス打線が見逃してくれるはずもありませんね。

打線の不振が続くなか、先発投手の踏ん張りで何とか接戦のゲームに持ち込んでいたマリーンズでしたが、昨日の石川、今日のロメロ、好調だったはずの二人が連続KOですから、浮上の可能性は限りなく厳しいと言わざるを得ません。

とはいってもシーズンの先は長い、このままつまらないゲームばかり見せられれば、ファンとしても鬱憤が溜まります。
もう、優勝を目指せとは言いません。
GW後半の6連戦、ライオンズやホークスとの地力の差をこれでもかと見せつけられましたからね。
ただ、井口監督の最終年?になるであろう今年。
佐藤、山口、安田(できたら藤原も)は使い続けてレギュラー定着までは持っていってほしい。
井口氏の監督就任以降に加入した生え抜き選手で、レギュラーになった野手は一人もいません。
結局、上手く当たった外国人選手におんぶに抱っこで、日本人の主軸打者を育てられなかったツケが今年一気にやってきましたからね・・・

佐々木朗希君に一年ケガなく過ごしてもらえればOKなんてことしかないのだったら、寂しすぎます・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。