【F2-4M】敵地でスイープ

通常リーグ再開直後の3連戦。
マリーンズ、札幌でファイターズを3タテ、最高のリスタートになりました。
今日はレアード・マーティンをスタメンから外して中村・山口・安田でクリーンアップを組みましたが、初回から当たりましたね。

トップ荻野のツーベースから、2番高部の送りバントは、相手の上原投手と石川捕手がお見合いしてオールセーフ。
中村犠飛の後、山口は中前にタイムリー、さらに安田は右中間を真っ二つに破るタイムリーツーベースで3点先行。
ゲームを決めたとまでは言えませんが、いきなりの大きな先制劇でしたね。

ただ、荻野の当たりはレフトが追いつけそうな打球でしたし、山口のタイムリーも投ゴロになっていてもおかしくありませんでした。
記録に表われない相手守備の綻びにも助けられました。

また、4回には高部の絶妙なバックホームで相手の追加点を阻止するシーンもありました。
カード初戦には、マーティンのレーザービームが威力を発揮していましたが、3戦を通して、打ち勝ったというより守備力の差が顕著に出てスイープに結び付いたというところでしょうか?

今日も無失点に抑えた東條・ゲレーロを中心とした中継ぎ陣の奮投も見逃せません。
マリーンズ、ようやく戦う形が整ってきましたね。
ファイターズ解説の鶴岡氏が再三指摘していましたが、やはり荻野選手の復帰が大きいのかな?

これで5割まであと1勝。
オールスターぐらいまでかかかるかと思っていましたが、意外と早そうです。

優勝争いに向けて勝負は後半。
今は焦ることなく、レギュラーらしくなりつつある山口・安田らを使いながら、じっくりと地力を蓄えて、少しずつでも貯金を増やしていってほしいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。