【L10-4M】まとまってるのが仇?

初回にマーティンの2ランで幸先良く先制し、連勝への期待が高まる滑り出しでしたが、プロ初先発の森投手、4回につかまっちゃいましたね。
二死無走者から、呉選手への四球をきっかけに、つるべ打ちされて最後は山川選手の3ラン。
一挙6点でゲームを決められました。

森投手、私は初見だったのですが、オーソドックスな右の本格派投手。
ストレートはそこそこ速くて制球もまとまっている印象です。
イースタンで最多勝のタイトルを獲ったというのも頷けますね。

ただ、ライオンズの場合は、狙い球をキッチリ絞ってフルスイングしてくる打者が多いですからねぇ。
そのまとまりの良さがかえって仇になっちゃった感じもします。
本人も一軍の厳しさが身に染みているのではないでしょうか?
気を落とすなと言っても無理とは思いますが、絶望することなく次回のチャンスに向けて精進を重ねてほしいですね。
それほど凄い球を持っていない、オーソドックスなまとまりの良い投手でも、過去名投手になった投手は沢山います。
古いところでは東尾修さんや北別府学さん、最近では三浦大輔現ベイスターズ監督あたりが印象に残るかな。
皆ボール半個ぐらいのストライクゾーンの出し入れができる制球力があり、特に右打者に恐怖感を与える内懐に食い込むボールを持っていました。
あと、緩急の使い方にも優れていましたね。

森投手、今日は打たれはじめて一本調子になってしまいましたが、このあたりを磨いていけば、まだまだチャンスはやってくるはずです。
気を取り直してもらって、捲土重来を期待したいと思います。

あと、打線の方ですが、初回の攻撃、マーティン2ランの後、3番中村選手にもツーベースが出て無死二塁、あそこで3点目が取れていたら展開も変わったかなあ、などとも思います。
4番の佐藤選手、左腕のエンス投手相手に引っ張りこんで進塁打を狙うのか、タイムリーを打ちにいくのか、ちょっとどっちつかずの打席になってしまいました。
4番といっても打率は2割3分前後の「4番目の打者」ですから、送りバントのサインを出してあげたほうが本人も楽だったかもしれません。
まぁ、3塁に走者を送っておけば確実に3点目が入ったということでもありませんから、単なる結果論ではありますが・・・(笑)

ただ、これで後半戦3カード連続で負け越し、いよいよ終戦モードが近づいてきちゃいましたかね・・・??

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。