【M9-2E】昨日の仕返し

昨日とまったく逆の展開。
初回の荻野選手の三塁打に始まり、井上選手の2ランも出ていきなり3点。
ライン際の際どい打球もことごとくマリーンズに有利に転んで、不運な内野安打が多かった昨日とは、これも逆になりました。
何より、日本人選手だけで4本のホームランとは、私のマリーンズ戦観戦歴のなかでも、ちょっと記憶にありません。

相手先発の早川投手、確かにボールに力無く、真ん中付近にも寄っていました。
ただ、前述の井上選手、岡選手、そして2戦連発の安田選手とも強引にならずに、甘い球を狙いすまして一撃でスタンドに運びました。
4本目の佐藤選手の一発は吉川投手からでしたが、これも彼らしい速いスイングから火のでるような当たり、あっという間にライトスタンド上段に叩き込んだ凄い打球でした。

今季のマリーンズの不振というのは、昨年までポイントゲッターの役割をマーティンとレアードに頼り切っていたのに、今年は二人とも年齢的な衰え?もあり絶不調、代わりを務めなければならない日本人スラッガー候補たちがイマイチ、ということに尽きると私は思っています。

ただ、シーズンも終盤に差し掛かり、安田・佐藤・山口といった次代の主軸を担うべき打者たちがようやく本領を発揮しはじめました。
特に安田選手、解説の初芝さんは「左足の下ろし方が落ち着いてきた」とコメントされていましたが、コロコロ変えていた構えがようやく定まってきて、今の打ち方に手応えを感じているようですね。
佐藤選手も、元々ツボにハマったときは凄まじい打球を飛ばすバッターです。
捕手としての守備力に自信がついてきたのでしょうか?
打撃でも「ツボにハマる」確率が少しずつ高まっているようです。

この1試合で来季を占うのはさすがに早計ですが、山口選手を含めた3人がクリーンアップに定着してくれれば、もう外国人の当たりはずれに打線の命運を託さなくてもよくなります。
山口選手は今日ノーヒットでしたが、安田・佐藤両選手は今日の感覚を絶対に忘れずに、今季はこのまま打ちまくり、オフシーズンはしっかり鍛え上げて、来季は開幕から飛ばしてほしいですね。

そして3勝目ゲットの先発小島投手、昨日は11点も取った好調イーグルス打線に、きっちりストレートで押し込んでいけました。
6回終了時で100球を超えていたのに7回まで投げたのも立派でした。
結局7回126球、ブルペン陣を大いに助けるナイスピッチでしたね。

ホントに今日のゲームが来季に繋がるものであってほしいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。