【M4-6E】甘くないですね

今日は3回時点で4-0、楽勝パターンかと思いきや・・・
先発のボルシンガー投手も、制球良くスイスイ投げていたいただけに、まさかこんなことになるとは・・・というゲームでした。

最近チームは好調だっただけに、8回まできて3点差を逆転されるとは・・・
試合終了から2時間近くたちますが、まだショックが残ったままです・・

ただ、やっばりこういうゲームには必ず敗因はあるもので、4点取った後、気が緩んでチャンスで追加点が取り切れなかった打線。
6回終了時点、まだ100球未満で、まだまだ行けそうだったボルシンガーを定石型の継投に拘って代えてしまった首脳陣。

まぁ、結果論で批判するのは簡単ですが 何とも残念なゲームでした。
ただ、ボルシンガー投手はナイスピッチでした。彼、少しフォームを代えましたね。
一旦上げた左足を少し止めて、タメを作っているのでしょうか?
かつてベイスターズで活躍された三浦大輔さんのような二段モーション的なフォームになっていました。
彼自身は、制球良く、ストレートとナックルカーブのコンビネーションも良かったと思います。

厳しいようですが、逆転食らった唐川投手、ストレートは威力なく、変化球は甘く入り、今後、8回を任せるには心もとない感じはしますね。

連敗してるわけではないので、救援陣の再編云々は早すぎるかもしれませんが、今後、何とも不安が残る負け方ではありました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。