【L0-5M】パリーグ再開初戦は快勝!!

交流戦を終えて勝率5割のマリーンズ。
パリーグ再開の今日、埼玉に乗り込んでのライオンズとの3連戦。
まずいい形で初戦を取りましたね。
先発岩下、序盤はボールが高目に浮きがちでしたが、回を追うごとに投球がまとまってきました。
何度かあったピンチも乗り切って6回無失点、期待に応えるナイスピッチでした。

打線は安田選手の2本のタイムリーなので、6安打で5点、効率の良い攻撃でした。
ただ、安田選手、今のままでいいのかい?という思いは残りますね。
タイムリー2本は立派ですが、グリップの位置を下げて、最初から単打狙いのようなバッティング・・・
私を含めファンが期待しているのは、今は三振ばかりでも、数年後には三冠王が狙えるような豪快スラッガーに成長している彼の姿です。
色々試行錯誤中ではあるのでしょうが、プロに入った原点は忘れずにいてほしいですね。

そして岩下を引き継いだ救援陣、唐川・ハーマンを欠いた苦しい布陣ですが、益田の出番を用意することなく、小野-佐々木-東妻で無失点リレーを決めました。
特に7回の小野投手、いきなりの制球難で無死一二塁。
あぁ、やっばりダメか・・・?と思わせましたが、その後、いつもの力任せに直球を投げ込んでいくスタイルをあらため、スライダーをコーナーに決めて三者連続三振を奪ったのは見事でした。
「やればできるじゃん」って感じですが、柿沼捕手のリードも良かったのかな?
実質あそこでゲームが決まりましたね。

彼だけでなく、9回の東妻投手も威力充分の速球で、危なげない投球でした。
ハーマン、唐川が抹消中の今、ある意味彼らにとってはチャンスです。
勝ちパターンの一角どころか、中心に食い込むぐらいの覚悟で、今後も気迫溢れる投球を期待したいですね。

最後に、間近に迫った東京五輪のこと。
残念ながら、マリーンズからは一人も代表選手に選ばれることはありませんでした。
ペナントレースへの負荷を思えば、選ばれなくて良かったという声もありますし、それはそれでわかるのですが、私はやはり残念です。
益田・荻野・中村のうち、二人程度は選出されると思っていたのですが・・・
マリーンズ絡みだけでなく、イーグルスの松井投手やライオンズの森選手が選ばれなかったこと、穿った見方ですが、知名度のあるセリーグ選手優先なのか?とも思いたくなりますね。

ただ、内情が良くわからないだけに何とも言えません・・・
本人達の都合で内々に断っていたということもあり得ますしね。
とにかく、ケチがつきどおしの五輪。
でも、私は盛り上げって成功裡のうちに幕を閉じてほしいと願ってます。
マリーンズの選手はいなくても、代表チームには金メダルをとってほしい。
がんばれ日本代表、稲葉監督、五輪自体への逆風もあって苦しい局面とは思いますが、今回限りになるかもしれない五輪野球、諸々吹き飛ばして全力プレーで野球の魅力を世界に発信してほしいですね!!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。